孫子の兵法×制作(web)ディレクション 軍争篇

さぁ、いよいよ佳境というか、今回はあの有名な文言が登場します(=プレッシャーも高い)
「孫子の兵法×制作(web)ディレクション」の7回目です。
前回はこちら
今回は軍争篇です。

今回は武田信玄で有名な「風林火山」について説明されている章になりますが、正しくは、風・林・火・山・陰・雷霆のようです。

マンガ孫子・韓非子の思想 (講談社+α文庫) (日本語) 文庫
Continue reading 孫子の兵法×制作(web)ディレクション 軍争篇

スポンサーリンク

孫子の兵法×制作(web)ディレクション 虚実篇

今から書き出すと夜中になっちゃうけど、手が空いたのでちゃちゃっと。
「孫子の兵法×制作(web)ディレクション」の6回目です。
前回はこちら
今回は虚実篇です。

虚(うそ)か実(まこと)か、ですね。
冒頭の「主導権」なんかは僕がいつも気にしてる、注意していたりする点です。

マンガ孫子・韓非子の思想 (講談社+α文庫) (日本語) 文庫
Continue reading 孫子の兵法×制作(web)ディレクション 虚実篇

孫子の兵法×制作(web)ディレクション 兵勢篇

なかなか苦しい訳になってきてるけど、始めたなら最後まで!
「孫子の兵法×制作(web)ディレクション」の5回目です。
前回はこちら
今回は兵勢篇です。

兵勢(兵の勢い)ですね。
内容さえ良ければ進むでしょ?と思われるかもしれませんが、プロジェクトも生き物で生物(ナマモノ)で状況は千変万化しますので、その千変万化に合わせて動く必要もあるし、プロジェクトの進みが悪く、一旦止まってしまうと次動かすのにめちゃくちゃチカラが必要だったり、仕様の変更や予算の変更なども出てきます(最悪なのは仕様や機能が増えるのに予算そのままとか)。

マンガ孫子・韓非子の思想 (講談社+α文庫) (日本語) 文庫
Continue reading 孫子の兵法×制作(web)ディレクション 兵勢篇

孫子の兵法×制作(web)ディレクション 軍形篇

そろそろ疲れてきているけれど、「孫子の兵法×制作(web)ディレクション」の4回目です。
前回はこちら
今回は軍形篇です。


マンガ孫子・韓非子の思想 (講談社+α文庫) (日本語) 文庫

Continue reading 孫子の兵法×制作(web)ディレクション 軍形篇

孫子の兵法×制作(web)ディレクション 謀攻篇

今回も先日に投稿した「孫子の兵法×制作(web)ディレクション」の3回目です。
前回はこちら
今回は謀攻篇です。


マンガ孫子・韓非子の思想 (講談社+α文庫) (日本語) 文庫

Continue reading 孫子の兵法×制作(web)ディレクション 謀攻篇

孫子の兵法×制作(web)ディレクション 作戦篇

前回も投稿した「孫子の兵法×制作(web)ディレクション」の次編です。
前回はこちら
今回は作戦篇です。


マンガ孫子・韓非子の思想 (講談社+α文庫) (日本語) 文庫

今回もこちらの本から引用させていただきますが、韓非子×マネジメントも面白いなーと感じた次第です。
Continue reading 孫子の兵法×制作(web)ディレクション 作戦篇

孫子の兵法×制作(web)ディレクション 始計篇

以前からやってみたい、書いてみたいテーマありまして。
それがタイトルにある、「孫子の兵法」について。古今東西様々な時代で読まれ続けている兵法書であり、ビジネス書でもあります。
西洋系のマーケ書や兵法書は具体的にああしろ、こうしろが多いのですが、東洋系はそのあたりは寓話だったり、わりとニュアンスで記載されていることが多く、故に色々な物事や事象に置き換えやすいとも思っています。

歴史大好きだった中学や高校時代からこういった本を読んでは、「ビジネス書って書いてあるけど、ビジネスにどう使うの?」「社会に出たらこんな駆け引きやこんなこと考えながら仕事するの?」とか色々と想像しながら読んでいました。実際に社会に出てもう20年以上経ちますが、該当する部分や、参考になる部分が多々あり、「目的遂行のための基礎」が兵法の根幹なのかな、と思うフシもあったり。

いくつかの章に分かれているので、1章ずつ記載できれば、と。
孫子の兵法の引用については、以下の書籍を引用させていただいております。
また、敵や戦争といった言葉が出てきますが、プロジェクトや制作案件(制作ディレクションですし)、目的遂行の妨げになる事象=敵=問題点や事象、心理などと置き換えて読んでいただくとわかりやすいかも
しれません(決して、敵=厄介な客というわけではないのでw)。上手く置き換えができないものもありますが、そこはスルーでw


マンガ孫子・韓非子の思想 (講談社+α文庫) (日本語) 文庫
(孫子の兵法にディレクション視点で注釈入れた「孟徳新書 制作ディレクション編」ってほうが面白いかな・・・)
Continue reading 孫子の兵法×制作(web)ディレクション 始計篇

ネットを使ってお金を稼ぐ方法が知りたい・・・っ!

という相談をたまにいただきます。
少し昔というか前にもこんなことを聞かれる時代があったような・・・?(いつだっけな・・・あ、アフィリエイトがめちゃくちゃ盛り上がったりしてた時期かな)
昨今、コロナ禍で収入が減った、時間が空いた、会社勤めに不安が・・・というところからの質問だったり・・・。
20年くらい前かな、経済の2極化が始まって、これからはダブルワークや会社の仕事が終わってからアルバイトをするような時代が来るよ、とは言われてましたけど、本当にそういう時代が来てしまいましたね。
(会社員でも副収入がある場合は確定申告しましょうね。)

色々とやってみているので、色々と紹介してみようかな、と思いますし、
こんな方法はどうかな?というのもあれば記載してみたいと思います。
Continue reading ネットを使ってお金を稼ぐ方法が知りたい・・・っ!

WEB制作業をRPG風に考えてみる

ふと思ったので書いてみようかな、と。
僕はフリーランスのディレクターをしています。
ちょっとしたデザインやちょっとしたコーディング(謙遜じゃなくて本当にちょっとだけ)は出来ますけど、主には企画やプラン考案、プロジェクト管理がメインです。
そうなると、僕一人では制作はできないので、クライアントから制作の依頼が出た際に、依頼された内容を精査して、どの規模で、どのくらいの予算で、どういった職種のメンバーを集め、そのなかで誰に依頼をかけるか、都度、メンバーを考えます。

メンバーは一緒のときもあれば、予算に依っては変更したり、他案件を請けてるからということで断られたり、得意分野/苦手分野で変更したりその状況は様々です。
その時の状況というか、思ったのが、「あ、これってRPGで冒険者集めてパーティー組んでるみたいだな」ということ。いろんなフリーランスを集めてチームを作って案件をこなし、報酬を得る。そして次の案件をこなす、その案件の内容によってメンバーを変えるときもあれば、同じメンバーで臨むときもある・・・みたいな。
Continue reading WEB制作業をRPG風に考えてみる

1ヶ月経ってしまいました。

プレスリリース&WEBマガジン 「BreathRelease」作りました。を投稿してから1ヶ月。ほんっっっっっっっとーにあっという間でした。そして意外な面白さというか、1ヶ月間、たとえ1記事でもいいから毎日リリースアップを心がけてきましたが、向いてますね、自分の性分に(深夜3時とかにプレスリリース流すサイトになっちゃってますが)。あ、そう考えると、朝刊サイトだな、これw

さて1ヶ月運用してみて、ユーザー数はそりゃ厳しいです。でも、こんなもんだろうと思っています。
だってお金かけて広告していないし、オリジナルの記事は1本だけであとはPR TIMESさん提供のプレスリリース記事がほとんど(あ、求人は2本オリジナルあったかも)。そんなもん、大手ニュースサイトにも掲載あるし、他のブロガーさんたちも取り上げているだろうし、こんな作ったばっかのサイトがいきなりグーンと伸びるわけがない。よほど話題性がない限り。

と、いうわけで、一ヶ月運用した結果の数字を全部はさすがに数が多いので、一部数字を公開していきます。
Continue reading 1ヶ月経ってしまいました。

ふとした時に聞きたくなる曲

タイトルそのままです。
ふとしたときに口ずさんでいる曲とかってないですか。
そして脳内再生かかってるけど、これって何の曲だっけ・・・みたいな。
もちろん、個人差あるし、覚えている曲もありますけどね。

曲名やアーティスト名を覚えていないってのは失礼だし、申し訳ないなぁと思いつつも、
何十年も経ってもメロディーやサビを忘れないということで名曲だと思います(フォローになってます?なってないですか?すいません・・・)
Continue reading ふとした時に聞きたくなる曲

プレスリリース&WEBマガジン 「BreathRelease」作りました。

こんにちは!
当ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

ふと、思うことがあり、プレスリリース&WEBマガジン 「BreathRelease」作りました。

プレスリリース&WEBマガジン 「BreathRelease」-このサイトについて

といっても、本当にサイトを立ち上げたばかりで、これからです。
デザインもとりあえずテンプレートです。
まずは、定期的に更新や運用が出来るよう、頑張っていきます。

プレスリリース&WEBマガジン 「BreathRelease」についての詳細や経緯は以下から。
Continue reading プレスリリース&WEBマガジン 「BreathRelease」作りました。

記録しておきたい記憶vol.05_07

2回戦、苦手なY中相手に(自分で言ってしまうけど)活躍し、それなりに貢献し(これも自分で言ってしまうけど)、チームのキーマンになってた僕。
「この点差を守っていけば」、とかは思わず、「更に点差開けてもっと活躍してやる」と意気込んでいたところに、悲劇が訪れ、あっという間に終幕を迎えることに・・・。
Continue reading 記録しておきたい記憶vol.05_07

記録しておきたい記憶vol.05_06

1回戦を突破し、2回戦へ。
初めて怒られない試合を展開出来た僕は最後の大会でやっと自分のスタイルや「自信」を見つけることが出来た。
今までの練習は無駄じゃなかったんだ、なんて思いつつ、少し舞い上がってた自分を戒め、2回戦に向けて準備をする。
Continue reading 記録しておきたい記憶vol.05_06

記録しておきたい記憶vol.05_05

いよいよ、試合が始まる。
キャプテンの無念とその覚悟を聞かされたメンバーは否が応にも火が点いている。
これでやらなきゃ男じゃないし、今までの全てをぶつけて全て出し切る。
Continue reading 記録しておきたい記憶vol.05_05

記録しておきたい記憶vol.05_04

右腕も完治し、仕上げはいよいよ最終段階。
僕を交えた連携の練習もしたし、みんなの気持ちも一つになって、あとは大会当日を待つばかり、という一週間前、また悲劇は起きたんです。
Continue reading 記録しておきたい記憶vol.05_04

記録しておきたい記憶vol.05_03

相変わらずハンドは「これ」といって上達もせず、消極的なプレーをしてしまうことから先生の怒りを買い、すっかり自分に自信を失くしてしまってる僕。
嘲笑の対象とされ、後輩からもバカにされ、遂に最後の年、3年生に。
Continue reading 記録しておきたい記憶vol.05_03

記録しておきたい記憶vol.05_02

誘われるままに入部したはいいけど、やりたかったスポーツでもないし、誘った友人も転校しちゃった。
かといって転部も嫌だし、あの先生にそれを言うのも・・・って感じで「なんとなく続けてたハンドボール」。
ただ、「なんとなく」で続けてたのが、ある一件で変わることに。
Continue reading 記録しておきたい記憶vol.05_02

記録しておきたい記憶vol.05_01

毎年、夏になると「部活」を思い出します。
あの突き刺すような日差し、肺の中まで熱くなるような熱気、セミの声、目に入る汗。
僕が通っていた中学は部活動の盛んな学校でして生徒は必ずどこかの部に在籍しなければいけませんでした。
Continue reading 記録しておきたい記憶vol.05_01

記録しておきたい記憶vol.04_02

そして、当日。
日程は一泊二日で、初日は花博、二日目は試合という日程でした。
花博はあんまり覚えてませんw

このときに撮った写真見てもあんまり楽しんでないのがわかります(笑)
二日目、いよいよ試合です。
出場するのは「形」といわれる演舞みたいなものと「組手」といわれる実戦です。
どちらかというと組手よりは形のほうがまだ得意だったんですよね。
痛くないし(笑)

そうだ、この頃はまだ組手は嫌いだったんですよね。自信なくて。
Continue reading 記録しておきたい記憶vol.04_02